天才が凡人に出会った。

はんこ屋TAFの生きた証

イラストはんこの専門店「風変わりなはんこ屋ざっくばらん」の店長ブログ。はんこ屋TAFがはんこに関することや趣味の漫画、アニメ、ゲーム、日常の出来事についてを書いています。

絵描きさんの出産報告を聞いてケツイがみなぎった。

気になった缶コーヒーを買うのがちょっとした趣味なのですが、

今まで買った中での一番は「ジョージアの三ツ星プレッソ」です。

こんばんわ、TAFです。

お世辞抜きに缶コーヒーの味を越えてました。冬場にホットでまた飲みたいですね。

 

先日イラストはんこ屋のはんこデザインを描いて下さっている絵描きさんから

「無事に赤ちゃん生まれました!」と写真付きのラインをもらいまして、

「おめでとー!」とラインをしました、めでたい。 

 

ラインをくれた絵描きさんは私のお店「風変わりなはんこ屋ざっくばらん」で「めがねとパン」名義ではんこデザインを描いて下さっている絵描きさんの一人で、 
※以下めがねとパンさんとお呼びします。f:id:TAF:20180910162247j:plain

キャッチーなはんこデザインは思わず「かわいい!」と言ってしまう程です。

f:id:TAF:20180910163146j:plain

小動物カテゴリのチベットスナギツネは私がリクエストして一番最初に描いて頂きました。

 

めがねとパンさんは以前同じ職場で働いていた仕事仲間で明るく、一生懸命に取り組む方です。

もちろん、世の中はシビアで一生懸命やっているから評価される程甘くはありません。

当時は私が店の店長、めがねとパンさんがスタッフとして二人三脚で受け持っていたのですが、売上目標を達しなければ認められることはありませんでした。

つまり私の営業成績、売上目標の結果が私とめがねとパンさんの評価に直結するわけです。

そして人間関係、伝達事項の言い方や伝え方一つでも見えない部分で悪影響が出てしまう時もあります。

表立っては話しませんが、当時私のプレッシャーは非常に大きかったです。

 

以前友人にこの話をしたことがあったのですが、

「いや、他人のこととかどうでもええやん。自分の評価を上げることが一番やん」と友人は言いました。

感じ方は人それぞれだと思いますが、本来は友人の考えが正しいことだと思います。

 

でも、私は友人とは違った考え方をしています。

それは何故かというと昔の仕事仲間で年上の先輩からもらった言葉が理由になっています。

 

「あのなTAF君、今の世の中にうんざりすることが多いと思うけどな、これからはTAF君みたいに一生懸命に頑張っている人が報われるような社会にしていかなあかんねん。ほんで、それを俺ぐらいの歳の人間がそうなれるように変えていかなあかんねん」

 

この人は一回り上の方なのですが一緒に力を合わせて仕事をした戦友とも言える人です。

私が苦しい立場の時は私をかばい、解決方法を一緒に考えてくれました。

私はこの時は二十台半ばだったのですが「世の中に他人のためにここまで出来る人がいたんだ」と強く感じたのを覚えています。

 

そして時が流れ、前の職場では似たような状況になり私は先輩の立場になりました。

当時はめがねとパンさんを昔の自分と重ねていたのかもしれません。

前の職場では幸い、売り上げ目標が例えるならば50回中、2回前年比から落ち、他48回は前年プラス、右肩上がりの営業成績にすることが出来ました。

 

そして現在、私は独立してイラストはんこ屋「風変わりなはんこ屋ざっくばらん」の店長、めがねとパンさんには外部協力の絵描きさんの立場になりました。

「最高のネットショップを作る」という夢と目標を掲げて日々はんこ作りをしているのですが、ざっくばらんの取り組みの一つとして「39(サンキュー)プロジェクト」を行っています。

 

f:id:TAF:20180910172119j:plain

39プロジェクトはイラストはんこの作成依頼があった時に売り上げの一部を絵描きさんに還元する取り組みで、お客様への感謝もありますがお客様が喜ぶ絵を描いてくれた絵描きさんの感謝の気持ちが込められています。

 

最終的にはめがねとパンさんを始めとした絵描きさんと一緒に仕事が出来るような環境を整えることが出来るようにしたいですね。

今回絵描きさん(めがねとパンさん)からの出産報告を聞いてケツイがみなぎりました。

 

 以前ネットで独自に仕事を始めた人間は「RPGの勇者みたいなもの」なんて表現を目にしたことがあるのですが、今はいわゆる仲間探しをしているのかもしれません。

個人的に一緒に仕事が出来たら良いなと思える人はいるのですが、今はまだアリアハンの周りでレベル上げをしなければなりません。

イラストはんこ作りはもちろん、風変わりなはんこを考えたり、時には歌を歌ったり、ゲームをしたり、語ったり、踊ったり等々、各々が得意分野を発揮して運営されている風変わりなはんこ屋があったら面白いじゃないですか。楽しいだろうなぁと思うのです。

 

そんなことを考えながら私は今日もイラストはんこ作りに励んでいます。

 

今日はこれまでで。

 

ではでは。

f:id:TAF:20180906235259j:plain

デザインはんこ・イラストはんこの専門店
風変わりなはんこ屋ざっくばらん(ネットショップ)
HP : http://www.zkbrn.net
Mail:info@zkbrn.net
Twitterhttps://twitter.com/h_zakkubaran
Instagramhttps://www.instagram.com/hankoya_zakkubaran/