天才が凡人に出会った。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人が天才に出会った。

過重労働・ブラック企業・ヒット商品の開発・独立。波瀾万丈の人生を歩んだフリーランスがこれまでの人生を振り返ります。

社長の一言から残業時間が激減した話

この話は私が総合通販の会社に就職していた頃のお話です。 時系列としては前回の記事のマツオカさんが入社する前の話になります。 この会社では9時30~18時30分が勤務時間です。 ある日の夜 いつも通りに仕事をしていると 20時30分を過ぎた頃、社長が慌てた…

無能の烙印を押された私が大ヒット商品を開発する話。その4(完)「果たされた約束」

▼この記事はこちらの記事の続きになります。 taf.hatenablog.jp taf.hatenablog.jp taf.hatenablog.jp 初日の注文数 新商品を公開した翌日。 私は出勤後急いでパソコンを立ち上げて注文をチェックしました。 「TAF君注文どれくらい来てる!?」 「ちょっと待…

無能の烙印を押された私が大ヒット商品を開発する話。その3「それは九州からやってきた」

▼この記事はこちらの記事の続きになります。 taf.hatenablog.jp taf.hatenablog.jp それは九州からやってきた 電話の途中突然口調が変わったマツオカさん。 「わ、分かりました、ちょっとこっちでも調べてみますわー」 困惑しているような様子ながら電話を切…

無能の烙印を押された私が大ヒット商品を開発する話。その2「マツオカさんの告白」

▼この記事はこちらの記事の続きになります。 taf.hatenablog.jp マツオカさんの告白 マツオカさんにお昼に誘われた私は、お気に入りの和食のお店に向かいました。 このお店はオフィス街の中にある隠れ家的なお店。 大きなビルの裏にある目につきにくい場所に…

無能の烙印を押された私が大ヒット商品を開発する話。その1

この話は私が総合通販の会社に就職していた頃のお話です。 当時私は大手ショッピングモールのネットショップの店長として ネットショップの立ち上げから運営の仕事を任されましたが、 月の売り上げは40万~70万という規模でした。 しかし、ある人と力を合わ…