天才が凡人に出会った。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人が天才に出会った。

過重労働・ブラック企業・ヒット商品の開発・独立。波瀾万丈の人生を歩んだフリーランスがこれまでの人生を振り返ります。

波瀾万丈な自分の人生を振り返る。

f:id:TAF:20170123143622j:plain

自分の人生を振り返って、

「よくも悪くも退屈しない人生」でした。

ただ、友人に話してみて、その反応を見るとどうやら

普通の人生ではないようです。 

 

凡人な私は沢山の天才に出会い、成長することができました。

そんな私の人生を振り返ってみようと思います。  

 

 中学時代いじめにあい自殺を考える

 

中学3年生の時のクラス分けで学年の問題児が集まったクラスになり、

陰湿ないじめにあいました。

人生の中で一番つらかった時期だったと思います。

担任の先生・親に相談するも助けてもらえず自殺を何度も考えました。

そんな時私は弟の一言に救われます。

もし弟がいなければ今頃私はこの世に存在していないでしょう。  

 

専門学校に入学

 

高校を卒業後は専門学校に入学します。

この時の私は夢を見る若者。

いや、夢しか見ていない若者でした。

全くの未経験の自分がクリエイターを目指しました。

若さ故の過ちと言うにはあまりにも無謀な挑戦でした。

もちろん現実は甘くなく、あっさりと就職は失敗。夢を諦めます。

良いことが何もない学生生活のようですが、

友人のある一言が私に大きな影響を与えます。 

 

離職率90%の企業に就職  

 

「 自分にはコツコツと同じ作業をする仕事が向いている」

そう思った私は22歳の時にハローワーク経由で

NC旋盤を専門に行う会社に就職します。

この会社は社長公認の「割り切った会社」でした

 

  • 給料は残業なしで手取り24万前後
  • 日給月給
  • 交通費全額支給
  • 臨時ボーナスあり
  • 昼勤・夜勤の1週間交代
  • 年間休日106日
  • 人の出入りが非常に激しい

 

 一見恵まれた条件の職場でしたが異常なまでに離職率が激しい会社でした。

新人が5人入社しても1月後には全員がいません。

私はこの会社に2年半在籍していました。 

同じ作業の繰り返しの中にも楽しさを見つけて日々を過ごしながらも、

私は仕事中に気づいたこと、そして仕事中に起きたある事件により

退職を決意します。

この頃から自分の人生の軌道修正を考えます。 

 

総合通販企業に就職。ヒット商品を開発するも・・

 

 テレビCM・ラジオ・新聞広告・DMと幅広く販売している総合通販の企業に就職。

普段テレビCMで買い物をしない私は、

「15秒のCMを見て電話して買う人が本当にいるの?」

そんな疑問が頭をよぎっていました。入社するまでは。

 

この会社で私は自分の人生を変えるきっかけとなった多くの人と出会いますが、

同時にクレイジーな光景を目にします。

 

  • 退社後先輩社員のプライベートな携帯に何故かお客さんから直接着信
  • 社長の息子がコネで幹部職として入社
  • 経理ができない経理が経理をしている
  • パソコンは全てノーセキュリティ
  • クレーマーの「菓子折りでも持って直接謝りに来い!」と言われて
    菓子折りを持って謝りに行く社員
  • 社長からの「来月から残業代なし」通告
  • 会社が倒産

 

私はこの会社に2年半在籍していましたが、売り上げが上がらず

直属の上司からは

「お前の人件費も出ない」等汚い言葉を浴びせかけられます。

精神的にも辛かった記憶が残っています。

そんな中、ある人と出会い、試行錯誤の末に会社全体で1億7000円を売り上げる

記録的な大ヒット商品を開発します。

あまりの注文に会社の電話が鳴りやまない状況に遭遇します。

順風満帆な社会人生活を送るなか、突然会社が倒産してしまいます。

 

同族経営パワハラ・過重労働の企業に就職。心が病む

 

いわゆる「潰れない仕事」の印象が強い分野の会社に就職。

私は自分にあるルールを課せて働き、

3年後会社員として働くか、独立するかを判断しようと思っていました。

私はこれまでの経験で得た経験の全てをぶつけて仕事に取り掛かります。

その結果、社会人生活の中で最高評価を得るもその企業は 

パワハラ・過重労働が慢性化している企業でした。 

この会社に私は3年間在籍しましたが、命を削って仕事をしているような感覚でした。

自分の中で会社に対して恩は感じてはいましたが、

これまでに2社の企業を仕事を経験したことから客観的に見て、

この企業はブラック企業なのではないかと今でも思います。

 

それでも結果を出し、私が退職する旨を社長に伝えた時、 

社長は私に対して開口一番

「お前はテロリストだ!」

と怒鳴り散らしました。

 

テロリスト呼ばわりされたのは生まれて初めてです。

 

立つ鳥跡を濁さずと言います。

 受けた恩を返して、私は会社を退職しました。

 

 現在

私はネットショップのサポートを生業とするフリーランスとして独立、

日々を過ごしています。

 

ある日ふと自分の人生を振り返ってみて、

「他の人はどんな人生を送っているのだろう」と気になったので、

昔の旧友に連絡をとって話してみました。

私の体験を話したところ全員が「いやいや!そんなこと普通ないよ!」と即答しました。

 

その時に「あ、自分の人生て普通じゃないんだ」と思ったのもありますが、 

同時に私の歩んだ人生を多くの人に知ってもらいたいという気持ちに駆られました。

 

そして本ブログ「凡人が天才に出会った」を開設しました。

 本ブログではそれぞれの時期について書いていこうと思います。

 

まるで物語の様な私の人生を通じて元気をもらえたら嬉しいです。